保育理念

保育理念

子どもたち、保育者、職員、
そして地域の人々の
夢や希望や願いを大切に
共に育ちあう保育を行う

保育目標

子どもの年齢別保育

0歳児
生活リズムを整え、安定した環境の中で過ごす

1歳児
友達と一緒に遊びながら自分でもやってみようとする

2歳児
自我の育ちを大切にして、友達と関わり楽しく過ごす

3歳児
感情が豊かになり、遊びの内容が発展して友達との関わりも深まる

4歳児
知的興味や関心が高まり、仲間関係が深まる

5歳児
集団活動のなかで運動機能が伸び、新しい知識や能力を獲得する

つくしんぼ共同保育会の保育

POINT 1 非認知能力を育てる
【心の土台】失敗から学ぶことが上手、人と協力する、自分で考える、違う価値観を柔軟に受け止める、新しい発想をする。「自分に関する力」「人と関わる力」を育てる。
POINT 2 心もちを大切に保育する
子どもを見る目。子どもを「人間としてみる」見方であり、子どもを尊厳を持った存在としてみる。目の前の子ども丸ごとそのままを、感覚的、情緒的に人間性をもって受容する。
POINT 3 多様性が生きる
インクルーシブ保育
子どもの国籍や発達段階、障がいの有無などの違いにかかわらず、どのような背景を持っていたとしても排除せずに受け入れる保育。すべての子どもが共に育ち、学んでいけるようにそれぞれの発達に寄り添う保育。

PageTop